shaitan's blog

長文書きたいときに使う.

第1章②-2【エーゲ文明】

クレタ

神話上この島[=クレタ]の王とされ、周囲に強大な海上支配を築いたとされるミノス王 Minos

p. 32

トゥキディデスは次のように伝える。「伝説によれば、最古の海軍を組織したのはミーノースである。かれは現在ギリシアにぞくする海の殆んど全域を制覇し、キュクラデス諸島の支配者となった。そしてカーリア人を駆逐し、自分の子供たちを指導的な地位につけて、島嶼の殆んど全部に最初の植民をおこなった。もちろんかれは、勢力の及ぶ限りの海域から海賊を追払い、収益の道を拡大することに努力した。」*1

クレタ文明の繁栄はオリエントとギリシア本土を中継するという、海上交易上有利な位置にあったことによる。

pp. 32f

地理的条件として、アリストテレスは「その島[=クレタ]はよい位置を占めて自然の地勢からギリシアを支配するに適しているように思われる。というのはほとんど凡てのギリシア人たちがその周囲に住んでいるところの海の全体に跨っているからである。すなわち、或る地点ではペロポンネソスから、また他の或る地点ではアジアのトリオピオン地方とロドス島から僅かしか距っていない。」*2と指摘している。

ミケーネ

これ[=ミケーネ文明]はドイツのシュリーマン Schliemann(1822~90)のミケーネ発掘によって明らかにされたもので、そこからは…[略]…おびただしい数の黄金製品が発見された。

p. 33

ホメロスは「黄金に富むミケーネの(πολυχρύσοιο Μυκήνης)」という定型句を使っている*3が、これはまったくの作り話という訳ではなかったようである。なお、もう少し短い言い回し*4として「道幅が広いミケーネ(εὐρυάγυια Μυκήνη)」という句も出てくる*5が、こちらについてはどの程度歴史的事実を反映しているのかはよく分からない。

*1:トゥーキディデース『戦史 上』久保正彰訳 岩波文庫 1966, p. 58(I. 4)

*2:アリストテレス政治学』山本光男訳 岩波文庫 1961, pp. 109f(II. 7(10), 1270b30)

*3:Perseus Digital Library: Homer, Iliad, Book 7, line 180Homer, Iliad, Book 11, line 46Homer, Odyssey, Book 3, line 305

*4:ヘクサメトロスに乗せるために修飾語を変えていると思われる。

*5:Perseus Digital Library: Homer, Iliad, Book 4, line 53